自分で実際に投資をしてみて興味を持つ!

少し難しくなるかもしれませんが基本は同じです『自分で実際に投資をしてみて興味を持つ!』これに尽きます。
頑張っていきましょう!投資信託を購入する事で、株式市場に興味を持つことができ、わからない単語やロジックを調べていくことで株式投資の基本を抑える事ができましたか??もしまだわからなくても、少しずつ、投資と同時並行で、ニュースなどで出てくる疑問点を調べていくことで着実な学びがありますので諦めずについてきてくださいね。

では今回のステップについて見ていきます!ステップ3ではETF購入に踏み切りましょう!ETFって何??という疑問がきっと出てくると思いますので説明していきますね
ETFと投資信託の大きな違いは、1日のうちに価格変動があるかないかです。
そのほか小さな違いというのはありますが基本的には、投資信託=値動きは1日に1回だけ!ETF=よく見る株価が動くグラフのように市場が開いている間はずっと価格が変わる。ということです。

これさえ覚えていれば問題ないです。

まとめますと、ETFとは、投資信託の株価は1日の最後の価格で決まるが、ETF株価は市場が開いている間は動き続ける。
細かい違いなどは多くありますが、基本的にはその他は同じです。

ETFについてもう少し詳しく

さて、ETFについてもう少し説明いたします。
ETFの良い点は非常に商品の種類が多いところです。

投資信託よりもはるかに多くの商品が世界中の証券会社から発売されています。
アメリカに投資をすることがおすすめ!ということは第一章で述べさせていただきましたが、アメリカにも様々な投資対象があります。
次のステップで行う予定の、セクター投資などを行う際はどうしてもETFを購入する手法を取らなければならないので、このステップで経験を積んでおきましょう!ETFは投資信託とは違って、市場が空いている間は常に値段が変わります。
皆さんがイメージする株価のグラフのような変化をします。
個別株と同じですねこの本を読んでいる方の多くは最終的には個別株投資に挑戦したい!と思っている方が多いと思います。

最終目標の個別株投資でより良い成績を残すためには、1日の中での高い値段、安い値段をある程度把握する事が非常に大きなメリットを発揮します。
個別株でも役立つスキルをETFという分散を利かせ、リスクを下げている商品を使って(投資信託と中身は同じなのでリスクは低め)練習しておきましょう先ほどの分散の説明のところでも触れましたが、株式投資とは分散させればさせるほどリスクが減少していきます。

Red JohnがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事