• どの瞬間にも何らかの理由で、価格が上がるから買おう、と考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.その結果、彼らが約定させる必要がある不特定数の買い注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも、すでに安値で買っていて、何らかの理由で利食いをしようと考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.彼らが約定させる必要がある不特定数の売り注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも、すでに安値で買っていて、何らかの理由で損切りをしようと考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.彼らが約定させる必要がある不特定数の売り注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも何らかの理由で、価格が下がるから売りポジションを取ろう、と考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.彼らが約定させる必要がある不特定数の売り注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも、すでに高値で売りポジションを取っていて、何らかの理由で利食いをしようと考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.彼らが約定させる必要がある不特定数の買い戻しの注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも、すでに高値で売りポジションを取っていて、何らかの理由で損切りをしようと考える「かなり多くの」スペキュレーターがいる可能性がある。a.彼らが約定させる必要がある不特定数の買い戻しの注文は、買い注文数と売り注文数の比率に影響を及ぼす。
  • どの瞬間にも、意図せずに買いポジションの状態になっていて、そのリスクを減らすか取り除く必要がある「一人か複数のヘッジャー」がいる可能性がある。a.その結果、彼らは利用できる株式、先物、あるいはFX市場で売りポジションを取ろうと考える。そのため、約定させる必要がある不特定数の売り注文によって、買い注文数と売り注文数の比率に影響が及ぶ。
  • どの瞬間にも、意図せずに売りポジションの状態になっていて、そのリスクを減らすか取り除く必要がある「一人か複数のヘッジャー」がいる可能性がある。a.その結果、彼らは利用できる株式、先物、あるいはFX市場で買いポジションを取ろうと考える。そのため、約定させる必要がある不特定数の買い注文数によって、買い注文数と売り注文数の比率に影響が及ぶ。
  • どの瞬間にも、意図しない買いポジションに対するヘッジを解消する必要がある、「一人か複数のヘッジャー」がいる可能性がある。a.その結果、彼らはポジションを解消しようと考えるので、精算する必要がある不特定数の買い戻しの注文によって、買い注文数と売り注文数の比率に影響が及ぶ。
  • どの瞬間にも、意図しない売りポジションに対するヘッジを解消する必要がある、「一人か複数のヘッジャー」がいる可能性がある。a.その結果、彼らはポジションを解消しようと考えるので、精算する必要がある不特定数の転売注文によって、買い注文数と売り注文数の比率に影響が及ぶ。
おすすめの記事