失敗を成功に変えるには

振り返りと習慣が大切ビジネスでは、結果をだせと言われます。
年収、給料、コスト、売上、顧客数、動画の再生数、ブログのpv回数、フォロワーの数等など、業種や仕事内容によって人さまざまですが、そればかりが大切だと人は疲弊してしまいます。
努力して学ぶ、失敗してもそこから学ぶプロセスこそ大切にしたいものです。
たとえば売り上げが悪かったら、そこにいたるまでのプロセスで自分やチームのどこが悪かったのか改善するべき点はどこなのか考えることで知恵がつきます。
経験も培われます。
勘もやしなわれます。
「失敗は成功のもと」といわれるゆえんです。
なにかに挑戦して失敗しても、試行錯誤したこと、とこから学習したことに意味があるとおもいませんか。
世の成功者と呼ばれる人は、はじめからうまくいった人などはいません。
いろいろなチャレンジをして失敗してのくりかえしです。
なんでも挑戦することが大切です。
挑戦するにはまず行動することが必要です。
むずかしいようで、簡単です。
行動するのはだれでも、いつからでも、何歳からでも、今日からでもできます。

常識にとらわれない

世間の常識にとらわれないでください。
まずは打席にたちましょう。
バットを振りましょう。
それがなければヒットも打てませんし、ホームランも狙えません。
毎日ひとつでもいいから、それまであなたがやったことのないことをやってみてください。
毎日が忙しすぎて一日は無理だという人は一週間にいちどでも、一か月に一度でもいいので、やってみてください。
たとえば、一日一冊簡単な新書を読むとか、読書は慣れです。
隅から隅まで読むための本もあれば、目次を読んで自分に必要な部分だけ拾い読みするだけでも、習慣にするだけで、あなたに変化がおとずれることでしょう。
オーディオブックもいいですね。
通勤時間で本を読んだりためになる動画を見たりポッドキャストを利用して語学をマスターしたりすることも可能なはずです。
お金と健康が手に入る生活習慣散歩や読書などのお金のかからない趣味をする。
朝おきたら、カーテンをあけて太陽の光を浴びましょう。
窓を開けて朝のすがすがしい空気を吸いましょう。
喚起をして部屋の循環を良くします。
早起きして散歩しましょう。
近所の公園を散歩して、朝の空気を吸い足を動かし脳をリフレッシュさせます。
十五分でもあるけば、立派な運動です。
毎日続ければ太りにくくなります。
ダイエットにもリフレッシュにも効果があるなんて一石二鳥ですよね。
空腹をかんじたら、運動するのがいいでしょう。
散歩がおすすめです。
運動には食欲を抑える効果があるそうです。
睡眠時間を最低八時間確保しましょう。
昼寝もいいですね。
現代のビジネスパーソンンの脳は酷使されています。
眠くなったり、疲れたり集中力が途切れたら無理せず十五分くらいの休憩をとりましょう。
コーヒーやチョコレートを摂取するのも脳の回復や活性化に効果があります。

おすすめの記事